何はともあれ、Pythonでしょ!

年収ランキング1位!

Pocket

言語別年収ランキング

国内全体のIT人材求人数は依然として衰える気配はなく、全体的にとても活気のある業界ですが、エンジニアに求められるプログラミング言語のニーズには変化の兆しも見られています。そのことがとてもわかりやすいのが、プログラミング言語別に見た平均年収ランキングです。今最も年収が多い言語をみると、現代のITエンジニア市場のニーズが見えてきます。

1位のPythonの平均年収は651万円

少し前までは日本国内のニーズがそれほど多くなかった「Python」が堂々の1位を飾っていて、平均年収は651万円です。求人数だけで見ると上位5位以内のプログラミング言語の中では一番少ないのですが、Pythonエンジニアの人材そのものがまだ少ないこともあってか、好条件の求人が多いようです。Pythonの需要が急に増えた背景には人工知能ブームがあり、機械学習に強いPythonの必要性が高まったことが理由のひとつでもあります。
2位は「Peal」の633万円で、Web開発の中でも幅広い分野で安定したニーズがあり、多言語と併せて習得しているエンジニアが多数活躍しています。3位は、日本から発信されたオブジェクト指向言語の「Ruby」です。平均年収は606万円で、スタートアップの求人に多く見られる言語です。4位には「C言語」がランクインしていて、平均年収は597万円と600万円を割り込む形になっています。ソーシャルゲーム関連の分野では根強いニーズがあり、求人数も多い言語です。5位は「JavaScript」の555万円です。動的な実装といえばJavaScriptですが、時代と共に様々な変化を遂げつつ安定したニーズがある言語です。
プログラミング言語のニーズは流動的ですが、上位を占める言語はどれも安定的に需要があるものばかりです。しかし、1位のPythonに関しては近年急激にそのニーズを伸ばしてきています。では、なぜ今Pythonが注目されているのでしょうか。

なぜPythonは高収入なのか

欧米では既にPythonの人気が高くて扱える人材も多く、平均年収の1位はPythonではなくRubyです。一方で、日本のPythonエンジニアは全体的に高収入の傾向にあります。Pythonエンジニアの年収が高い一番の理由としては、常に人材不足の売り手市場だからということが言えるでしょう。人材不足に陥っている要因は、人工知能の人気などからPythonのニーズが急激に高まったことにより、人材の育成が追いついていないに他なりませんが、Pythonに関する日本語の情報そのものがまだ少ないなどの要因もあって、エンジニアがなかなか増えないというのがその背景にあります。

Recommended Articles!

機械学習案件の増加!

人工知能を備えた製品やサービスの増加に伴って、機械学習を得意とするPythonの需要が急速に増加しつつあります。多くの言語の中でも文法がシンプルで短いコードで多くのことができるため、今後さらに導入が進むと考えられます。

CHECK
年収ランキング1位!

プログラミング言語別年収ランキングでは「Python」が1位となっています。Pythonは機械学習が得意なので、人工知能の人気と共に需要が増加しました。今後はさらにPythonエンジニアが必要な開発案件が増えていくことが予想されます。

CHECK
フリーランス案件の単価相場は?

Pythonは、データ解析や人工知能などの分野などを得意としている言語なので、今後ますます需要が伸びていくプログラミング言語として注目されていますが、フリーランスのPythonエンジニアの単価相場はどのぐらいでしょうか。

CHECK

Popular Articles!

効率的に習得するには?

Pythonを効率的に学ぶには、頭で考えるよりもまず実行に移すことです。Pythonの文法は簡潔なので、初心者でもすぐに始められるでしょう。また、勉強会やセミナーなどで同じ言語を学ぶ仲間を見つけると心強いかもしれません。

CHECK
求められるのは追求する姿勢

Pythonは、少しのコードでも多くのことが実現できる言語特性があるので、エンジニアの作業は早くなりますが、その分高い品質のシステムを追求する姿勢が求められるため、専門知識だけでなくその他の関連知識を知る意欲も必要です。

CHECK
独学ならシェアウィズアクトで

独学でPythonを勉強しようと考えている人におすすめなのが、シェアウィズアクトというオンライン講座です。それぞれの動画は短い構成になっているので、移動中などのスキマ時間を活用して着実に知識を積み上げていくことができます。

CHECK