何はともあれ、Pythonでしょ!

なぜ今「Python」なのか?

なぜ今「Python」なのか?

今なぜPythonがおすすめなのかというと、今日本で一番年収が高いプログラミング言語であるということと、今後もPythonエンジニアの需要増加が見込まれているという将来性です。現在の求人数は他の言語より若干少ないぐらいですが、それでも人材は圧倒的に不足している状況です。完全な売り手市場にあるPythonエンジニアは貴重な存在として年収も高水準で、今が需要のピークではなくこれからさらに増えるので、今のうちにぜひ習得しておきたい言語です。

なぜ今「Python」なのか?の記事一覧

機械学習案件の増加!

機械学習案件の増加!

機械学習を得意としているPythonを活用すれば、今人気が高まってきている人工知能のシステム開発をより活性化できます。既にPythonエンジニアを必要としている現場も増えてきており、今後その流れは加速していくことが予想されています。Pythonはプログラミング言語の中でも読みやすくて書きやすいことが特徴のため、既にプログラマとして仕事をしている人ならば習得しやすく、今から勉強しておくと今後に役立つかもしれません。

年収ランキング1位!

年収ランキング1位!

日本国内におけるプログラミング言語別の平均年収ランキングを見てみると、今の日本のITエンジニアに求められていることが何なのかが見えてきます。平均年収1位の「Python」は、全体的に求人が増えてきている言語ではありますが、他の言語と比較するとまだそれほど求人数が多いわけではありません。しかし、求人数に対してPythonを扱うことができる人材が足りていない状況から、年収も高水準をキープする状態が続いているのです。

Recommended Articles!

機械学習案件の増加!

人工知能を備えた製品やサービスの増加に伴って、機械学習を得意とするPythonの需要が急速に増加しつつあります。多くの言語の中でも文法がシンプルで短いコードで多くのことができるため、今後さらに導入が進むと考えられます。

CHECK
年収ランキング1位!

プログラミング言語別年収ランキングでは「Python」が1位となっています。Pythonは機械学習が得意なので、人工知能の人気と共に需要が増加しました。今後はさらにPythonエンジニアが必要な開発案件が増えていくことが予想されます。

CHECK
フリーランス案件の単価相場は?

Pythonは、データ解析や人工知能などの分野などを得意としている言語なので、今後ますます需要が伸びていくプログラミング言語として注目されていますが、フリーランスのPythonエンジニアの単価相場はどのぐらいでしょうか。

CHECK

Popular Articles!

効率的に習得するには?

Pythonを効率的に学ぶには、頭で考えるよりもまず実行に移すことです。Pythonの文法は簡潔なので、初心者でもすぐに始められるでしょう。また、勉強会やセミナーなどで同じ言語を学ぶ仲間を見つけると心強いかもしれません。

CHECK
求められるのは追求する姿勢

Pythonは、少しのコードでも多くのことが実現できる言語特性があるので、エンジニアの作業は早くなりますが、その分高い品質のシステムを追求する姿勢が求められるため、専門知識だけでなくその他の関連知識を知る意欲も必要です。

CHECK
独学ならシェアウィズアクトで

独学でPythonを勉強しようと考えている人におすすめなのが、シェアウィズアクトというオンライン講座です。それぞれの動画は短い構成になっているので、移動中などのスキマ時間を活用して着実に知識を積み上げていくことができます。

CHECK