何はともあれ、Pythonでしょ!

転職するならエージェントで

Pocket

Pythonエンジニアに転職するには

近年、様々なシステムにおいてPythonのニーズが増加していますが、Pythonエンジニアの数が少ないため、システム開発を行なっている企業などでも人材の育成を急いでいる状況です。Python未経験の人材でも積極的に採用する企業は多く、求人数も多くなってきているため、Pythonに関心があるエンジニアであれば転職のチャンスでもあります。現段階でPythonを必要としているのは、安定している大企業やエンジニアがチャレンジしやすい環境を整えている企業などが多く、エンジニア側の売り手市場ということも重なって、好条件での転職を成功させられる可能性は決して低くありません。Pythonそのものがまだ日本でそれほど普及していないこともあって、経験は採用にあまり作用せず、エンジニアとしてのスキルをはじめコミュニケーション力や人間性などが重視される傾向があります。
問題はいかにスムーズに転職するかという点になりますが、そんな時こそ活用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントを効果的に活用

転職エージェントは、転職を希望する人に代わって仕事探しから先方とのスケジュール調整など、様々なことを行ってくれる強い味方です。せっかくエージェントに相談するならうまくそのサービスを活用して、自分にとって最適の企業への転職を目指したいものです。
転職エージェントを利用するには、まず会員登録をしてから担当者と具体的な相談をします。自分のスキルや経験と要望を担当者に伝えると、すぐに求人探しに着手してくれます。担当者は、本人から聞き取った情報に基づいて企業向けの推薦文を書くので、なるべく具体的かつ正直に自分のことを話すようにしましょう。もし担当者が自分とは合わないと感じるようであれば、担当者の変更をメールなどで申し出ることも可能ですし、他の転職エージェントに相談してみてもいいかもしれません。ただ、同じ企業にいくつものエージェントから応募してしまうと印象を悪くしてしまうので注意が必要です。転職エージェントの担当者とは上手に付き合って、自分のことをよく知ってもらうようにするのが転職成功のポイントです。

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェントは、求人媒体の企画において長年のキャリアがあります。そのため、これまでに築き上げてきた経験とネットワークを駆使して豊富な求人の中から求職者の希望にマッチした企業を見つけ出してくれます。

ワークポート

ワークポートは、常時15,000件以上の求人を保有し、高い専門性を持った専任のコンシェルジュが求職者ひとりひとりに寄り添った転職サポートをしています。

Recommended Articles!

機械学習案件の増加!

人工知能を備えた製品やサービスの増加に伴って、機械学習を得意とするPythonの需要が急速に増加しつつあります。多くの言語の中でも文法がシンプルで短いコードで多くのことができるため、今後さらに導入が進むと考えられます。

CHECK
年収ランキング1位!

プログラミング言語別年収ランキングでは「Python」が1位となっています。Pythonは機械学習が得意なので、人工知能の人気と共に需要が増加しました。今後はさらにPythonエンジニアが必要な開発案件が増えていくことが予想されます。

CHECK
フリーランス案件の単価相場は?

Pythonは、データ解析や人工知能などの分野などを得意としている言語なので、今後ますます需要が伸びていくプログラミング言語として注目されていますが、フリーランスのPythonエンジニアの単価相場はどのぐらいでしょうか。

CHECK

Popular Articles!

効率的に習得するには?

Pythonを効率的に学ぶには、頭で考えるよりもまず実行に移すことです。Pythonの文法は簡潔なので、初心者でもすぐに始められるでしょう。また、勉強会やセミナーなどで同じ言語を学ぶ仲間を見つけると心強いかもしれません。

CHECK
求められるのは追求する姿勢

Pythonは、少しのコードでも多くのことが実現できる言語特性があるので、エンジニアの作業は早くなりますが、その分高い品質のシステムを追求する姿勢が求められるため、専門知識だけでなくその他の関連知識を知る意欲も必要です。

CHECK
独学ならシェアウィズアクトで

独学でPythonを勉強しようと考えている人におすすめなのが、シェアウィズアクトというオンライン講座です。それぞれの動画は短い構成になっているので、移動中などのスキマ時間を活用して着実に知識を積み上げていくことができます。

CHECK